コース概要

◆人文学講座

入門から専門的な講座まで様々なクラスを開講します。

 

◆人文学ゼミ

人文学講座より進んで、学術研究を行いたい人向けの少人数制講座。

 

◆じんぶんカフェ

人文学に関するテーマで、自由に考えたり議論したりして、考えを共有する知のコミュニティです。月一回、国立市内のカフェで開催します。(facebook)

 

◆ワークショップ

「図書館ワークショップ」や、現役の編集者に教わる「出版ワークショップ」など、楽しく人文学の基礎に触れられるワークショップを不定期に開催します。

 4〜7月(4月期)

レギュラー期

8月

特別期

 

1〜3月

特別期

 9〜12月(9月期)     レギュラー期

年間スケジュール

レギュラー期:4月期(4〜7月)/9月期(9〜12月)

レギュラー講座(月1回、全4回)を行います。

 

特別期:8月/1〜3月

集中講義や単発の講座、ワークショップや講演会などを行います。

 

 受講の流れ 

 

 

開講科目一覧から、興味のある講座を見つけてください。

基本的に、レギュラー講座は4回セット8,000円(定員20名)、ゼミは8回セット16,000円(定員10名)です。

​講座によって料金や定員が変更になる場合は、開講科目一覧ページに詳細を記載いたします。

 

②受講したい講座が決まったら、申し込みフォームよりご連絡ください。

​(キャンセル待ち講座の場合も、受講をご希望の場合は申込みフォームより必要事項をお送りください。空席ができしだい、事務局より順にご連絡いたします。)

 

③指定の期日までに下記の銀行口座に受講料をご入金ください。入金確認できましたら予約確定となります。

   銀行口座

   三井住友銀行 国立支店(666)

   普通口座 8117608

   国立人文研究所 代表 大河内泰樹

​   クニタチジンブンケンキュウジョ ダイヒョウ オオコウチタイジュ

④入金確認後、フォームに記載されたメールアドレスに、「講座案内書」をお送りいたします。講座詳細、注意事項等記載されておりますので、ご確認ください。

※ 授業準備のため、事前に参加予定人数を把握する必要がありますので、必ず事前に受講申し込みをお願いします。
※ 講師の都合などにより、日程や内容が変更となる場合があります。
※ 予約をキャンセルする場合にもご連絡ください。

※ご不明な点は、kunilabo@kuniken.orgまでお問い合わせください。

 対応は基本的に平日9-17時内とさせていただきます。 
 

レギュラー講師

 

大河内泰樹

おおこうち たいじゅ

京都大学大学院文学研究科教授。哲学(ドイツ観念論、批判理論)。NPO法人国立人文研究所代表。

『政治において正しいとはどういうことか』(共著、勁草書房、2019年)、『欲望の主体』(共訳、堀之内出版、2019年)等。

秋山晋吾

あきやま しんご

一橋大学大学院社会学研究科教授。歴史学(東欧・中欧史)。著書に『つながりと権力の世界史』(共著、彩流社、2014年)等。

石居人也

いしい ひとなり

一橋大学大学院社会学研究科教授。歴史学(日本近代史)。

著書に『歴史学と、出会う』(共著、青木書店、2015年)等。

越智博美

おち ひろみ

一橋大学大学院商学研究科教授。アメリカ文学・文化。

著書に『トルーマン・カポーティ——人と文学』(勉誠出版、2005年)、『モダニズムの南部的瞬間——アメリカ南部詩人と冷戦』(研究社、2012年)等。

河野真太郎

こうの しんたろう

専修大学法学部教授。英文学・文化(20世紀)。

著書に『〈田舎と都会〉の系譜学──二〇世紀イギリスと「文化」の地図』(ミネルヴァ書房)、『戦う姫、働く少女』(堀之内出版)、編著に『終わらないフェミニズム──「働く」女たちの言葉と欲望』(研究社)、訳書にトニー・ジャット『20世紀を考える』(みすず書房)等

佐々木雄大

ささき ゆうた

日本女子大学人間社会学部助教。哲学・倫理学。

『ニュクス』創刊号「〈エコノミー〉概念の思想史」主幹(堀之内出版、2015年)。著書に『近代哲学の名著』(共著、中公新書、2011年)等。

出口剛司

でぐち たけし

東京大学大学院人文社会系研究科准教授。社会学。

著書に『エーリッヒ・フロム:希望なき時代の希望』(新曜社、2002年)、『〈私〉をひらく社会学 (大学生の学びをつくる)』(共著、大月書店、2014年)等。

宮本真也

みやもと しんや

明治大学情報コミュニケーション学部准教授。社会学。

著書に『コミュニケーション社会学入門』(共著、世界思想社、2003年)、翻訳に『見えないこと——相互主体性理論の諸段階について』(共訳、アクセル・ホネット著、法政大学出版局、2015年)等。

© Copyright 2015, 国立人文研究所 All Rights Reserved.