​ 講師インタビュー 

「『源氏物語』を読む」担当 西原志保先生 (2018年2月)

人文学講座「『源氏物語』を読む——女三の宮ことばから」について

 

Q 最初に、少し時間はたってしまいましたが、KUNILABOにて2017年9月期に開講された人文学講座「『源氏物語』を読む——女三の宮ことばから」を終えた感想をお願いします。

 

A まず受講生のみなさま、それからお手伝いくださったスタッフのみなさまにお礼申し上げます。ありがとうございました。とても楽しかったです。

 

人数はちょっと少なかったのですが、とても熱心な方が多く、少数精鋭だったと思います。こういう講座を担当したのは初めてだったので、反省点も多いのですが、良い経験になりました。次回も講座を担当するので、ぜひぜひ次に生かしたいです。

 

今回は講義のようなかたちで講座を進めさせていただいたのですが、次は輪読形式のゼミの講座を担当します。より少数精鋭には向いているかなと思いますが...、ほんとうのところは、少数と言わずたくさん来てほしいですね。

​※写真は講座での西原先生

著書「『源氏物語』女三の宮の〈内面〉」について

 

Q 講義では、先行研究論文をもとに出版された「『源氏物語』女三の宮の〈内面〉」(2017、新典社新書)の内容も扱ったので、講座の受講生は復習もかねてこの著書を読むことができると思います。この著書を通じて、読者にどのようなことを感じ取ってもらいたいですか?

A まず、文学作品は真面目に読まないでもいいんだ、ということを知ってほしいです。もちろん好き勝手に読んでいいわけではなく、きちんと本文に書かれていることを読まなければならないのですが、何か道徳であるとか、固定観念であるとか、社会的に正しいとされているような価値観からは自由になって、読んでほしいなと思います。そうですね、出来れば自由を感じてほしいです

 

人文学ゼミ「『源氏物語』を読む」について

 

Q 『源氏物語』といえば、光源氏を主人公とした物語という印象が強いですが、2018年4月期に開講する人文学ゼミ「『源氏物語』を読む」では、あえて光源氏の死後の物語である「宇治十帖」を選ばれた理由をお聞かせください。

 

A 正直、正編(光源氏が死ぬまでの部分)はもういいかな、という感じがありまして。きらきらしたはなやかな恋愛もいいですが、そればかりだとちょっとしんどいですよね。恋愛は嫌だと言ったり死にたいと言ったり出家したいと言ったりする登場人物の多い、宇治十帖のほうが、現代の気分には合っているのではないかと思いました

語りが登場人物たちと絶妙の距離にあって、おかしみが漂うところも魅力です。例えば、ここはぜひ原文で読んでほしいのですが、薫という主人公の一人が、自分の好きな大君(おおいきみ)のところに忍び入る場面に次のようなものがあります。大君はいつも妹の中の君といっしょに寝ているのですが、寝覚めがちであったので、人が忍んでくる気配に気づいて自分だけ抜け出してしまいます。で、中の君だけが残っていたのですが、一人で寝ているのを見て薫は、それを最初大君だと思って、ああ、大君がそのつもりでいてくれたんだ、って思うわけです。でも大君じゃなかった、って徐々に気づく。ここの文章がすごく面白い。

私は結構バシュラール✳︎1が好きなので、水のイメージや火事があるのも気になります。学部生の頃に国書刊行会の『フランス世紀末文学叢書』でしたか、紫色の表紙の、を一生懸命読んでいた時期があるのですが、ロデンバック✳︎2の『死都ブリュージュ』みたいな部分もあったり。

      ✳︎1 Gaston Bachelard   フランスの哲学者、科学史家。『科学的精神の形成』『火の精神分析』など (1884-1962)。

       ✳︎2 Georges Rodenbach  ベルギーのフランス語詩人、作家。日本語表記はローデンバック、ローデンバッハとも。小説『死都ブ                                             リュージュ』のほかに詩集『白い青春』『沈黙の支配』など (1855-1898)。

Q 「古典を原文で読む」というと、古文の知識や文法などが必要かと思いますが、初学者でもついていけますか?また、学習のコツはありますか?

A 古文の知識や文法が必要ないとは言いませんが、まず読んでみることが一番大切です。おそらくみなさん学校の古典の授業などで、たくさん単語や文法事項を覚えないといけない、というイメージを持たれていると思うのですが。でも、すごく乱暴な言い方をしてしまえば、学校で習ったこと以外の部分は、現代の日本語といっしょだと考えて構わないわけです。今私たちが話し、読んでいる日本語と共通する部分や、単語の意味が変わっていたとしても何となくその変化の仕方が想像できるようなものもある。なので、学校の試験じゃないので教科書通りに訳せなくてもよいと思えばそんなに難しくないと思います。テストじゃないので覚えなくてもいいですし。調べられれば十分

 

というか、初読や通読のときは、さらっと読めばいいんですよ。専門書でもなんでもそうなのですが、ちょっと分からない単語が出てきたら辞書を引き、解説を読み、などしているからいつまで経っても読めないんです。一つ一つの場面を解釈するときや、自分自身の読みを主張するときは全力で調べないといけませんが、みなさんそういうときに限って何も調べずに何か感想のようなものを主張してしまう。逆なんですよね。

 

今回は輪読形式のゼミなので丁寧に読んでゆきますが、調べるときには(先行研究にあたるなど色々やらないといけないのですが)、一番大事なのは用例です。辞書を引くのもいいのですが、辞書に載っている用例にきちんと当たってみる。辞書に書いている意味が絶対で固定的にあるわけではなく、辞書は用例から意味を割り出しているものなので。そして『源氏物語』について何か言いたいときは、『源氏物語』の用例が一番大事です。『源氏物語』を読むときに一番根拠になり、頼りになるのは『源氏物語』の言葉なんです。だからともかく読むことが大事です

Q 講座の参考書籍にあげていたもの以外で、『源氏物語』の現代語翻訳でおすすめのものや、手に取りやすい入門本などあれば教えてください。

A 私はそれほど現代語訳を読んでいないので、比較してどれがお勧め、ということを言うのは難しいですね。自分が読んだ中で個人的に好きだったのは円地文子ですが、目的や好みに合わせて、でよいと思います。確か倉橋由美子だったかが、誰かの現代語訳を評して、『源氏物語』は原文で読めばいいのだから、ある程度変えて自分のものとして、オリジナルなものにしないと、わざわざ現代語訳する意味がない、現代語訳しようと思った気持ちが分からない、というようなことを書いていたような気がしますが、私は逐語訳的な訳でも言い換えている以上原文とは違った別のものになっていると思っています。そういうわけで、自分が読んで読みやすいものを読めばよいのではないでしょうか。

 

森見登美彦なんかが現代語訳(リライト)すると面白いものになりそうな気がするのですが、やらないかなあ…? 京都だし。

源氏物語の魅力は?

Q 西原さんを惹きつける源氏物語の魅力を教えてください。また、特に好きな箇所と、いちばん好きな登場人物は誰ですか?理由と合わせて教えてください。

A いろんな声がするところでしょうか。私はずっと女三の宮を中心に見ていますが、女三の宮から見た世界と、源氏や紫の上から見た世界は全然違います。そういう違う世界の、いろんな声が、同時に響いている物語であるところが面白いと思います。

 

一番好きな場面は、女三の宮が出家した後、山に籠っている父親の朱雀院から、近くでとれた山菜につけて和歌が贈られてくる場面。朱雀院は、出家したのは遅れても、いっしょに同じところ=極楽往生を目指しましょうね、と呼び掛けて、女三の宮はそれに、憂き世ではないところが恋しくて、(朱雀院が)仏道修行する山路に自分の思いこそ入るんだ、と返す。「ところ」というのは、送られてきた山菜に「ところ」(野老)というのがあって、それに掛けているのですが。

 

女三の宮と朱雀院はそれぞれ別々の場所にいて、会うことはできないんです。でも和歌によって、言葉によって、いっしょにいることができる、同じ世界を作っている、そこがいいと思います。いっしょにいられないという状況を作っているのも、物語という言葉の世界ではあるのですが。

 

好きな登場人物はまあ、ずっと研究している女三の宮ですね。出家した後は幸せそうですし。出家して生活の不安もない、というのが一番いいですよね。生活の不安もない、というのがポイントですけど。

Q いつごろから源氏物語を研究しようと決めていたのでしょうか?また、それはなぜですか?

 

A 学部3年のときだったか、卒業論文のテーマを決めたときからです。実はその前に少し森茉莉とで迷ったことがあったのですが、まあ研究史の厚い、というか、研究史を読んでいてそれは違う、と思う点の多い『源氏物語』の女三の宮のほうで行こうかなと、決めました。

 

理由はそこですね。研究史を読んでいてそれは違う、と思ったから。でも、ひょっとしたら森茉莉で行ったほうがまだ就職はしやすかったかもしれないと、ちらっと思うことがあります。近現代のほうが日本語表現の非常勤とかまわってきやすいですよね。

文学の研究者を目指している人へ

Q 文学の研究者を目指している学生や院生に一言お願いします。

A まだきちんと就職できていない私が何か言っていいのかどうか分からないのですが、言いたいことはいろいろあって、なかなか一言では言えないです。

 

一つ言えるのは、私は研究職に就かなくても研究を続けていけさえすればよいと思っていたこともあるのですが、やはり研究を続けるためには研究職に就くのがマストだ、ということですね。よほどご自身のスペックが高くて、待遇もよく自由もきいて効率よく短時間で稼げる仕事に就けるのでない限り、研究職以外の関係ないお仕事で研究を続けていけるだけの時間とお金を捻出するのは困難です。そもそもなかなか関係のない仕事に雇ってもらえないですし。

 

ただ、研究者は目指すとか、あるいは食べていけなさそうだから辞めるとか、そういうものではないと私は思っているんですよね。私はよく、発表だけして放っておいたネタを論文にすることを「成仏させる」というのですが、成仏させていないネタがある状態で研究を辞めることはできないと思うんです。だって成仏できないから。だから研究を続けるのは「業」のようなものだと思っています。人によっては「gift」と言うかもしれませんが、私はむしろ「業」ですね。成仏できるか、あるいは何か憑き物が落ちるかしないと、研究を辞めることはできない。だから何かそうなりそう(成仏できなさそう)な雰囲気を感じたら、覚悟を決めることをお勧めします。

 

なかなか人文系の研究をやっていても食べてはいけないとか、役に立たないとか言われて「身を用なき」もののように感じることもあるかもしれませんが、研究者が研究を続けることは社会的な義務であると私は思っているので、腐らず、自分にできることを続けて行かれたら良いと思います。でもまあ、生きていくのが一番大事です。

好きな現代文学は?

Q 前述の著書の中では笙野頼子、森茉莉や、ユルスナール✳︎3ら現代の作家にも言及したり、他にも円城塔『道化師の蝶』の書評を書かれていたりしますが、その他に現代文学で最近興味を持った本や作家についてお聞かせください。

A (最近ではないですが)日本の作家だと、佐藤亜紀さん。佐藤さんとは以前にも19世紀のガリチア地方を舞台とした『吸血鬼』(講談社、2016年)という小説についていっしょにラウンドテーブルを行ったことがあるのですが、今度は第二次大戦下のハンブルクでジャズにはまる少年たちを描いた最新作『スウィングしなけりゃ意味がない』(KADOKAWA、2017年)について、3月30日(金)に、世界文学・語圏横断ネットワークというところでパネル発表する予定になっています(於.立教大学)。他には、山尾悠子さんとか。

 

翻訳小説だと、トーマス・ベルンハルト✳︎4はもうずっと好きですね。延々否定と呪詛が続くのですが、それがときに滑稽であったり、不思議と突き抜け感があるんです。あと、ナボコフ✳︎5は好きですね。ぜんぶは読んでないですけど。

 

      ✳︎3 Marguerite Yourcenar フランスの作家。女性として初めてフランスアカデミー会員に選ばれる。『ハドリアヌス帝の回想』                                              『黒の過程』など (1903-1987)。

      ✳︎4 Thomas Bernhard      オーストリアの作家。『理由』『消去』など (1931-1989)。

      ✳︎5 Vladimir Nabokov      ロシア生まれアメリカの作家、詩人。蝶の研究家としても知られる。『セバスチャン・ナイトの真実の                                             生涯』『ロリータ』など (1899-1977)。

次回作は?

Q ブログで2018年は博士論文をもとにした専門書を出したいと書かれていましたが、今度は啓蒙的な新書というよりも本格的な学術書になる予定ですか?

A 予定というものはないのですが…、本格的な学術書を出したいです。博士論文を書いてからもう10年近く経ってしまいましたので…、いい加減そろそろ出すべきですね。

 

この前出したのは新書で、一般の方に広く知ってもらい、お安くお買い求めいただけるという点ではすごく良かったのですが、(一般向けの新書のため)詳細な注をつけることが難しかったですし、分かりやすくするために少し単純化した部分もありましたので。次はきちんとこれまでの先行研究を参照できるかたちの本を出したいです。私の研究の手法のひとつに、研究史をその研究がなされた同時代の文脈の中で考えていく、というものがあるのですが、そういうやり方をする上で、やはり注をつけられないと厳しいですね。

 

新書は400字詰め原稿用紙換算で200枚程度に収めないといけなかったので、内容もかなり絞って短くしました。次はもう少し私の『源氏物語』研究の全体像が見えるものを出したいです。私の博論、(諸事情であまり時間がない中で書いてうまくまとめられなかったせいもあるのですが)かなり長くて、自分の体重計で量ると1.6kgくらいあったんですけど。

最近の研究について

Q 研究論文「『源氏物語』の人形(にんぎょう)論」(『頸城野郷土資料室学術研究部研究紀要』Vol.2/No.5 2017)では、球体関節人形を参考に性愛に拒絶的な女性の自己像としての関係を論じていますが、この研究のきっかけを教えてください。

A まず、自分が球体関節人形を好きだということが大きいです。二十歳くらいの頃からずっと好きでした。なかなか高価なものなので、実物は持ってないんですが、写真集とか買って。2004年に東京都現代美術館で開催された球体関節人形展にも行きました。天野可淡✳︎6の人形はやっぱりインパクトありましたね。あの時はまだ著作権の問題をクリアできていなくて、出展はされても図録には載っていないのですが。そうやって色々見ていると、制作者も享受者も、本当に女性が多いんですよね。それを一昔前の澁澤龍彦的な、男性が蒐集する「純粋な客体としての少女」というモデルで見るのは無理があると思っていました。現美の球体関節人形展にしても、『夜想』が作った展示室というのがあって、よく球体関節人形の展示をやっているのですが、そこに行っても、いわゆる「ゴスロリ」系の女の子たちが、ほんとにたくさん来ている。で、「ゴスロリ」系の女の子についてしばしば言われるのが、女性性や性愛の拒絶なんですよね。

 

なのであれは、(後半の『源氏物語』を論じた部分は結構色々やっていて苦労しているのですが、少なくとも前半は)そんなに変わったことを言ったつもりはなくて、ほんとにふつうに見たままを書いただけなんです。

 

ただ、ずっと好きではあったのですが、研究テーマとして考え始めたのは、博士論文を提出して、『源氏物語』の女三の宮がまあ一段落ついたかなという感じになった頃でした(まだぽつぽつ論文は書いていましたが、たいてい仕上げ段階にある研究テーマと、これからやる新しい研究テーマとを並行してやっていくものなので)。そのときはまだ『源氏物語』で人形を、と考えていたわけではなく、『源氏物語』で女三の宮をやったときに、女三の宮は「内面」がないと言われているけどその「内面」観というのがそもそも問題で、ということを言ったので、「内面」というものを考えるためのひとつのモチーフとして球体関節人形について考える、というロジックだったと思います。というのも、人形というとふつうは内面のないものだと考えられていますが、近年の女性たちの間で愛好されている人形は、むしろ彼女たちの内面を象徴、あるいは表現するものとして機能しているのではないか、ここにはすごく大きな「内面」の読み替えがあるのではないか、と考えたからです。

 

実はこれ、学振(PD)✳︎7に応募したネタなんですね、私がやりたい研究テーマの中では、一番学振向きなのではないかと思って。でも落ちましたけど。仕方ないですよね、そのときはまだ人形関係の業績が一本もなかったので。

      ✳︎6 日本の人形作家。1990年前後に人形写真集を出版するが、版元であったトレヴィルの活動停止(1998年)によって2007年まで           入手困難な状況となる。『KATANDOLL』など (1953-1990)。

       ✳︎7 日本学術振興会の略。ここでは、特別研究員制度のこと。PDは博士学位取得者対象。

Q 現在の研究課題として、日本語表現、論文の書き方などについてあげていますが、合格されている日本語教育能力検定の内容を生かしたアカデミックライティングのようなことでしょうか?簡単にお聞かせください。また、KUNILABOでそのような内容の講座を開講したら担当してみたいですか?

A 特にアカデミックライティングに限った話ではなくて、その基礎となる日本語表現も広く含んでなのですが…。大学院を出てわりとすぐくらいの頃に、1年くらい高等教育に関して研究する部署に勤務していたことがあるので、興味を持ちました。

 

日本語表現に関することは、研究者はふだんから文章や口頭発表に関する訓練を積んでいるので、そのスキルを活かせるものですし、誰にとっても必要なもの、役に立つものであると言えると思います。さらに、人々の読解力や論理的な能力が上がれば、私たちが研究の成果を社会に還元するときに、よりやりやすくなるというメリットもあります。

 

日本語教育能力検定試験は、日本語を母語としない方に対する日本語教師の資格となる試験なのですが、私は学校が嫌いで国語の教職免許を取らなかったので、それに代わるものとして取りました。でもなかなかお仕事が来なかったので…、勉強した内容をかなり忘れてしまっています。今たまたま日本語学に関する研究所に勤務しているので、せっかくなので勉強したいとは思っていますが。

 

もしそのような講座が開講されたらやってみたいですね。

KUNILABOへ

Q 最後に、3年目に入るKUNILABOに一言お願いします。

A 大学の危機が叫ばれてから久しく、特に人文系の学問は役に立たないと言われることの多い昨今ですので、市民のみなさんに人文学の意義や面白さを知ってもらうことは大切だと思っています。そのためにも、社会に研究の成果を還元するためにも、市民に開かれた、とても貴重な場だと思います。私も研究者の一人として、少しでも学問の面白さを知ってもらえるよう、お伝えする力を磨き、いっしょに素敵な場を作っていきたいです。

 

これからもどうぞよろしくお願いします。

                               

© Copyright 2015, 国立人文研究所 All Rights Reserved.